アメリカ人カップルと共にベトナムのリゾート「ニャチャン」で過ごした半日

ベトナムでのスケジュール

1日目:バスでカンボジア(プノンペン)からベトナム(ホーチミン)へ移動
2日目:ホーチミン観光地散策
3日目:ホーチミンからニャチャンへ移動
4日目:ニャチャン到着, ホイアン移動
5日目:ホイアン到着街散策
6日目:ホイアン観光地散策
7日目:フエ到着
8日目:フエ観光地散策
9日目:フエ観光地散策, ハノイ移動
10日目:ゲストハウスで休憩
11日目:ハロン湾
12日目:ハノイ散策, 香港移動

今回の記事は上記スケジュールの4日目になります。

ベトナム記事一覧

西洋の文化が色濃く残るホーチミン(ベトナム)の観光スポットをまったり歩く
アメリカ人カップルと共にベトナムのリゾート「ニャチャン」で過ごした半日
ノスタルジックな街並みに思わず釘付け!ベトナムの観光地「ホイアン」の魅力
日本語を勉強する女の子たちにベトナムの古都「フエ」という観光地を案内してもらった
ベトナムの観光地を巡る!最後は首都ハノイと鍾乳洞が美しすぎる世界遺産ハロン湾

前回のベトナムはホーチミン編に引き続きまして、今度はニャチャン編をお送りします。ニャチャンという街は、キレイな海とビーチの観光所として有名なのですが、男一人でそんなところでキャッキャしながら水遊びしていても仕方ないので、その日のうちにホイアンに向いました。

かといってさらっと流すのもあれなのでいつも通り写真をば。

P.S.ニャチャン編とホイアン編をあわせて書いていたら写真が100枚を超えましたので2つにわけました。

ベトナムのリゾート・ニャチャン

ベトナムは、観光または商用目的での健全な入国であれば15日間のビザがおります。約2週間ですね。なのでゆっくり陸路でバス巡りすることにしました。ホーチミンの旅行代理店で、ホーチミン→ニャチャン→ホイアン→フエ→ハノイのルートのオープンバスチケットを買います。


バス内部はこんな感じ。広いとは言えないがまぁなんとか寝れる。でかい外国人は大変そうだった。

またバックパッカーにとっては、Sinh CafeとKim Cafeという代理店が大変有名です。TNK&APTトラベルJAPANという日本人向けの代理店もあります。日本語対応してくれるので、英語が苦手な人にも安心です。前述のルートであれば、Sinhで42USドル、TNKトラベルで40USドルほどでした(2012年6月)。どの代理店もホーチミンのファングーラオ通りにありますので、北上する人はそこで物色してみてください。
※Sinhを装った偽代理店もたくさん点在するようですので注意してください。


ホーチミンからニャチャン、約8時間の道程を経て早朝に着きました。


海だ!


空だー!男一人には眩しい。


海辺にはいくつかの高層ビル


同じバスで辿り着いたアメリカ人カップル。2人もニャチャンのこの日に出るということで意気投合し、共に行動することに。


子犬ちゃん!


リゾートって感じ


カフェで休憩。少年がお祈りしている、可愛い!

Long Son Pagoda


ニャチャンの下調べ全くしてなかったのだが、とりあえず2人と共にたどり着いたのがココ。寺院ですね。


中には千手観音


おばちゃんたちが両サイドに座り並んでいます


ここでも寝仏


全長9mの仏!でけー


少し丘になっています、気持ちいいー


ランチ、香草たっぷり…アワワ…でもうまかった!香草残したけどうまかった。


お店で出会った少女。笑顔が可愛い。


街をブラブラしていると何やらマーケット・ストリートに到着


食えと勧めてくるおばちゃん、これではなくドラゴンフルーツ食べました。


ビーチに帰還


とりあえず、することもなかったので。

寝ました。


2時間ほどゴロゴロしたあと、また街をプラプラ。そして夜、ニャチャンをあとにするのでした。なんかいろいろトラブルがあったみたいでアメリカ人カップルは別のバスでホイアンに向かうことに、ここでお別れ。

終わりに

カポーで来たらきっと楽しいんだろうなとか思いながら弾丸で駆け抜けたニャチャンでした。いつもよりあっさりとした記事になりましたが、半日なので無理もない…次は僕の大好きな街、ホイアン編をお送りします。

今回の旅で使用していたカメラはこれ

今回の旅のお供にはこの本

D16 地球の歩き方 東南アジア 2012~2013
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 118,350

[sb name=”asia-backpacker”]